So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

浦賀燈明堂

 行きたくてなかなか辿り着けなかった場所。

今回は円海山の鉄塔、江の島の龍口寺に続いて第3弾です。

 それは浦賀にある燈明台です。

市内のパンフや歴史資料などでこんな写真を見受けました。

 h170718000.jpg

 燈明堂は江戸時代の慶安元年(1684年)に造られた日本式の

灯台で明治初期まで使われていたそうです。

 ですからこの景色とその復元灯台を是非見たいと思っていました。

 その名の通り浦賀にあることまでは分かっていますので何度か

探索したのですが辿り着けませんでした。

 今日はあらためてバイクリベンジして来ました[exclamation]

 今回は乗りませんでしたが・・浦賀の入り口です。

 h170718001.JPG

 ”浦賀の渡し”です。

 ここで船頭さんに燈明堂がどこにあるのか聞いたり、”渡し”の

歴史などを話して頂きました。

 h170718002.JPG

 そうこうしている間に対岸から呼び鈴、お客さんです。

船頭さんと挨拶を交わすとサッと離岸して行きました。

       h170718003.JPG

 教えてもらった通り、この道を15分ほど走って山道に

入って行きます。

 車がすれ違うのがやっとの道を分け入ると突然広場が目の前に。

 h170718004.JPG

 愛車を止めて歩きます。

 h170718005.JPG

 東京湾に突き出た岬に燈明堂はあるようです。

 h170718006.JPG

 入り口左手にある供養塔。 かつて浦賀奉行所で首切りされた

人たちへの供養のためのものだそうです。

         h170718007.JPG

 供養塔から真っ直ぐ岬の突端に続きます。

 h170718008.JPG

 下を振り向くと綺麗な浜が広がっています。

 3~4分歩くと・・・見えて来ました[exclamation×2]

 h170718009.JPG

 これが復元された燈明堂です。

 h170718010.JPG

 すぐ近くにある看板を見ると・・

     h170718011.JPG

 平成になってから復元したようです。

 ともあれ、長年にわたる願望であった”浦賀の燈明堂”にたどり

着いたのは嬉しい限りでした。

 100年以上の歳月を経て、下の浜辺では親子連れのBBQや

波遊びを楽しむ外人母子の姿も見られます。

 h170718012.JPG


 ************************************************

 ここには立て看板がたくさんありました。

 私の下手な説明より看板をアップした方が良いと思いました。

 h170718013.JPG


 h170718014.JPG

 この行きたかった場所シリーズは続きます。


キジにしました!

 午前中に数日分の食料のお買い物

お昼は散歩を兼ねてお弁当を持ってショウブ園にやって来ました。

 新鮮朝市もやっていますので、それも目的でした。

まずは腹ごしらえ、日陰のベンチでお弁当を食べていると・・

目の前を綺麗な動物が歩いて行くではありませんか?

     h170717001.JPG

 アレッ[exclamation] キジさんのようです[がく~(落胆した顔)]

 ご飯もそっちのけで追いかけてみました。

その結果・・初めてキジさんを綺麗にキャッチできました[exclamation×2]

 h170717002.JPG

 これで人生3回目の遭遇。

 h170717003.JPG

 ですから・・喜び・興奮もひとしおです[わーい(嬉しい顔)]

 h170717004.JPG

 メスも一緒にいたのですが、小さくて草陰に見え隠れでした。

 家内のカメラを借りたのでアップするつもりはなかったのですが・・

アップしてはと勧められるので記事(キジ)にしました!

 私たちはキジさんで盛り上がりましたが、ハスの密集する池では・・

 h170717005.JPG

 h170717006.JPG

 大勢の人が私にレンズを向けています!!

 h170717007.JPG

         h170717008.JPG

 池の向こう側に回ります。

 h170717009.JPG

 みなさん、お友達になった方々です。

 彼らの目標はこれ("^ω^)・・・

 h170717010.JPG

         h170717011.JPG

 そうです、カワセミ君です。

 あの巨大なレンズに圧倒されて、コンデジで撮れるのはこんな

程度です[もうやだ~(悲しい顔)]

 皆さんの写真にスゲ~と思いながらもチャレンジして来ました。

 今日、綺麗に撮れた花はソバ。

 h170717012.JPG

 そしてねむの花でした。

 h170717013.JPG

 そんなわけで今回アップの主役はキジ。

 65歳を過ぎてここ数か月で3回目の遭遇、不思議なことです。


 

涼しいうちに散歩です・・

 この時期は6時を過ぎるともうジリジリ暑い日が照ります。

そのせいか・・ジュエル君も歩くのを嫌がります・・

 そんなわけで、早朝に木陰の多い児童遊園地にでも連れて行くことに

しました。

 児童遊園地の花畑では、また変わったネギ坊主が迎えくれました。

 h170715001.JPG

 真夏の夜空に開く花火のよう、ルリタマアザミというらしいです。

これは、まだつぼみのようで開花するとこんなお花になるようです。

            h170715002.jpg ネットから参照

  お散歩コースに咲いてるお花を広い集めながら歩きます。

 h170715003.JPG

 ハクチョウソウの仲間だと思われます。

 h170715004.JPG

 Take-zeeのブログには”名無しの権兵衛”が必ず出てきます。

 でも、綺麗なのでアップしてしまいます。

 h170715005.JPG

 今回アップの写真の中でもお気に入り。 上下対称です。

 しかし、この池。 釣りは禁止なんですが・・・困ったことです。

 竿をシュッと投げる音でカワセミ怖がって出て来なくなりました[もうやだ~(悲しい顔)]

 h170715006.JPG

 でも、釣り人がいなくなると・・どこからか餌を獲りに出てくる

そうです。

 さあ、ここからUターンしてこども植物園に向かいます。

 途中の雑木の中に。

 h170715007.JPG

 栗の赤ちゃん。 花ガラとの共演は初めて見ました。

 h170715008.JPG

 ヒマワリも咲き始めましたが・・

 h170715009.JPG

 日陰で出遅れたアジサイも名残り惜しそうです。

 こども植物園内ではバラも終わって特記すべき花はありません。

 h170715010.JPG

 ショウブに寄り添うネジバナ

         h170715011.JPG

 種類は不明ですが淡いピンクのユリの仲間

 h170715012.JPG

 残り少なくなったハンゲショウ

         h170715013.JPG

 あまり黒くはないですがクロユリ

 こんな花たちが咲いていました("^ω^)・・・

次回は”変化アサガオ展”がある8月に再訪したいと思います[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]         


すかしゆり

 7月第1週の佐島の天神島公園です。

 h170712001.JPG

         h170712004.JPG

この時期になると博物館の駐車場も朝から満車、多くの人たちが

磯遊びに訪れて来ます。

 h170712002.JPG

 入り口付近にはハマボウがポツポツ咲いて出迎えています。

 h170712003.JPG

 よ~く見れば小さなカマキリさんもご挨拶です[わーい(嬉しい顔)]

 h170712005.JPG

 そして、この時期の定番・・ハマユウも今が最も綺麗です。

 ハマユウは横須賀市の花でもあるんです("^ω^)・・・

 今まで見た中ではこれほど純白に撮れたことはありませんでした。

 h170712006.JPG

 ハマユウの向こうには児童集団が磯辺の観察に来ているようで

たいへん賑やかです[exclamation×2]

 しばらくの間、汗を拭きながら眺めていると公園の管理者の女性から

”すかしゆりが綺麗ですよ”と教えてもらい、さっそく見に・・・

 h170712007.JPG

 エッ、これがすかしゆりですか?

 私は真っ白なユリだとばかり思っていました[もうやだ~(悲しい顔)]

 h170712008.JPG

 相模湾を背景にとっても綺麗だと思います。

 h170712009.JPG

 海の向こうにピントを合わせます。

 h170712010.JPG

 これが”すかしゆり”です。

 遠目にはオニユリだと思っていたのですが・・花びらが違います。

 h170712011.JPG

 すかしゆりとハマユウが並んで咲いています。

 h170712012.JPG

 ここから引き返します。

 h170712013.JPG

 頭上には”また、お出で[exclamation]”と言わんばかりにカモメさんが

舞っていました。


 **************************************************

   前回アップの記事でハスの花ばかり写してしまいましたが、

 どんな状況で咲いているのかお知らせすべきでした。

 遅ればせながら・・・こんな場所です。

 a.JPG

         c.JPG

 そして大きな鉢が並んでいます。

 d.JPG

 全くの地置きです。

無料です、この観賞 (ハス編)

 毎年、7月に入ると三渓園や大船フラワー・センターの早朝観蓮会

に出かけます。

 しかし今年はフラワー・センターも休園になり、遠く三渓園まで

出かける気にもなりません。

 そんなわけで今年は近くのスーパー(相鉄ローゼン)のハスを見て

来ました。

 a.JPG

         b.JPG

 c.JPG

 相鉄は神奈川県の中小私鉄、相模鉄道のスーパー・マーケットです。

 まずは順不同ですが・・ご覧くださいね。

 h170708001.JPG

 淡く透き通るようなピンクの花に魅せられます。

 h170708002.JPG

 真横に咲く花は仏の世界を思わせてくれますね。

      h170708004.JPG

 純白はひときわ、神秘的に見えてしまいます。

 よ~く見れば、昆虫の姿も見え隠れしています・・・

 h170708005.JPG

 ゾウムシかな?

 h170708006.JPG

 これトンボ・・おれトンボ!

 h170708007.JPG

 アブかハチの仲間でしょうか?

 h170708008.JPG

 今年の花はやや小さめなようです。

 h170708009.JPG

 さて、ここまでご覧いただきましたが、これみんな鉢植えなんです。

 h170708010.JPG

 駐車場脇の空き地に1年中並べられている鉢に咲いた花です。

 鉢の総数は30個くらい、大きさはミソ樽ほどの大きな鉢なんです。

 h170708011.JPG

 お花だけ見ていると、鉢植えとは思えませんでしょ?

     d.JPG

 写真だけ撮って帰るのは申し訳ないのでお買い物して帰ります・・

ですから、観覧料は無料です[わーい(嬉しい顔)]

 (皆さんのコメントから鉢植えの状況写真を追加しました。)

 

前の5件 | -