So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

バイク・ジャックだ!

 8月20日、葉山の棚田の様子を見に行きました・・・

棚田の写真や見事に実った稲穂の写真を撮り終えて

バイクに戻ると”アッ[がく~(落胆した顔)]  オレンジ色の変な奴が乗っている[exclamation]”。

 h170823001.JPG

 よ~く見ればカボチャです("^ω^)・・・

 棚田から湘南国際村に向かう途中で>見つけました[exclamation×2]

 h170823002.JPG

 ここは、顔見知りの農家の前です。

 バイクから降りて写真を撮ろうとしていると、ご主人が出て来て

中にもう少し大きいのがあるから、と案内してくれました。

      h170823003.JPG

   h170823004.JPG

 直径は70~80㎝はあるでしょうか?

 h170823005.JPG

 こんな立派なカボチャも何の役にも立たないそうです。

 さて、カボチャにビックリしていましたが・・棚田は。

 h170823006.JPG

 まだまだ青々としていますが・・

 h170823007.JPG

 お米は順調に出来ているようでした。

 h170823008.JPG

 行く夏を惜しむようにシオカラトンボが忙しく飛び回っています。

 黄色に色づくにはもう少し時間がかかりそうです。

 *

 最後の1枚は農家のAさん、御年77歳。

 彼の愛車が2000cc初代の日産フェアレディ、今年で乗り続けて

50年目だそうです。

 h170823009.JPG

 ご一緒にパチョリン。 お勧めしましたが恥ずかしがられて・・・

 私が高校時代に見た懐かしい車でした[わーい(嬉しい顔)]

nice!(2)  コメント(1) 

これもまたアサガオ!

 まずは、この花・・何でしょうか[exclamation&question]

 h170821002.JPG

 もう1枚、ご覧いただきます("^ω^)・・・

 h170821003.JPG

 お分かりでしょうか・・実はこれアサガオなんですよ。

 江戸時代に流行した”変化アサガオ”です。 *へんげアサガオと言います。

 毎年、横浜市のこども植物園では”変化アサガオ展”が開かれます。

 h170821001.JPG

 毎年、楽しみに訪れています。

 今年は20日までだったので昨日行って来ました[わーい(嬉しい顔)]

 会場に着いて規模がひと回りも小さくなっていたので”あれっ!”と

思いましたが、やはり鉢の数がかなり少ないようです。

 それでも姿・形の変わったアサガオを何とか楽しめました。

 h170821004.JPG

 変化アサガオは突然変異の花です。 萎んだ花ではありません。 

 h170821006.JPG

 変化アサガオの中には・ こんな珍品もあります。

       h170821007.JPG

 一見、つゆ草のようです。

 h170821008.JPG

 ちょっとボケてしまいました。

 h170821009.JPG

 小さな花です。

 h170821010.JPG

 ツツジの花のようでした。

        h170821011.JPG

 今年はブルーや白が多く地味な印象でしたが、3年前にはこんなに

あでやかな花が揃いました。

 h170821013.jpg

 聞くところによれば、変化アサガオは種子が出来ないことが多く

 毎年毎年同じように咲かせるのは難しいようです。

 *******************************************

 補足説明

    いっぷくさんから疑問 種子なしでどうやって子孫は残せるの?

    変化アサガオはすべて種子が出来ないわけではないようです。。

    でも、突然変異の親を何世代にわたって交配して行くと種子の

    出来ない世代の親も出てきます。

     調べますと、孫に素晴らしい花の株が出来たが種子なしの場合

    祖父母、父母と順に孫の代を作って再現させるそうです。

    私も素人なのでこれ以上詳しいことは分かりません。

 


nice!(35)  コメント(29) 

気になる”木”

 8月の連続降雨の記録を更新しています。[雨][雨][雨]

8月18日になって蒸し暑いが青空が見える天気になりました。

それでも午後になって雲が活発に動きパラパラと降って、今日も

雨が記録されています。

 今日は前回アップの光明寺の裏山散歩で気になった”木”です。


 《その1》 愛し合うふたり・・

 h170819001.JPG

 私にはどう見てもスリムな女性が大きな男性に甘えているように

見えてしまいます。


 《その2》 天上から悪魔の手

 h170819002.JPG

 天に昇る龍にも見えたのですが・・

 よく見ればちょっと不気味な感じがします。


 《その3》 お茶目な恐竜

 h170819003.JPG

 顔いっぱいの大きな目をした面白恐竜です。

 みなさんには何に見えたりしますか[exclamation&question]

 何気なく上を見上げたら、イメージが湧く樹木たちに出会いました。


 さて、気になる樹木と言えば以前アップした瀕死状態の危機迫る

ベルニー公園のサクラですが・・

 h170819004.JPG    

 久々にジュエル君との散歩で悲しい結末を見ました[もうやだ~(悲しい顔)]

       h170819005.JPG

 原因は分かりませんが、ここまで朽ちると伐採しかなかった

ようですね。

 来年はサクラがひとつ寂しくなります・・・・

 樹木を見ていても面白想像したり、悲しい現実を見たり[exclamation&question]

 

 *****************************************

  磯遊び

 h170819101.JPG 男の子兄弟が揃って遊びに来ました[exclamation×2]

 h170819102.JPG

 ゲームで遊んだあとは磯遊び

                      h170819103.JPG

 h170819104.JPG

 やっぱり夏は海です、ゲームはなし・・ですね。

 来週は女の子も揃って賑やかになる予定です[わーい(嬉しい顔)]

 

 



 

nice!(41)  コメント(40) 

光明寺

   行きたくてなかなか辿り着けなかった場所。
今回は浦賀の燈明堂に続いて第4弾の鎌倉”光明寺”です。
 この日は小坪から逗子マリーナ辺りをプラプラ走っていました。
すると、やたら大きなお寺にたどり着きました。 
 h170816001.JPG
               
 それは大きな山門脇にある案内を見ると”光明寺”と記されています。
鎌倉に現存する山門の最大だそうです・・
          
 h170816002.JPG
         h170816003.JPG
         
 この名前を見て背中がゾクッとしました、なぜならこのお寺は
来たくて来れなかったお寺だったのです。
 このお寺は国道134号線から見えるのですが、進入路が見つからない
のです。 いつも首を傾げながら横目で見ていました。
 それが小坪、逗子マリーナから鎌倉に向かう途中で見つけました!
 山門をくぐってみます。
  
 h170816004.JPG
 
 広いお庭です。 正面に本堂、右手に鐘楼が構えています。
 
 h170816005.JPG
         h170816006.JPG
     
 わくわく感で本堂に向かいますと、何か催し物。
 本堂の中からライブのような音が聞こえてきますが。。
ここはお寺、法要だと思って近づくのを遠慮して裏山に登りました。
 
 h170816008.JPG 
 
 八角の楼閣がチラッと見えました。
   
         h170816007.JPG
 h170816009.JPG
   
 ここからの景勝は素晴らしい・・
   
         h170816010.JPG
  
 金網越しに覗いてみましたが・・面白くねえ。
   
 h170816011.JPG
    
 背伸びするとお寺と相模湾が見えましたが。
 これで帰ることに先ほどの山門の近くに・・・
   
 h170816012.JPG
             
 高倉健さんの碑が静かに立っていました。
 憧れの場所に初めて来た割にはな~んだと言う印象でした。
そして家に帰って友達のブログを見たり、ネットで調べると肝心な
場所をパスしてしまいました。
 それは本堂で法要が営まれていたと勘違いして、遠慮してしまった
のが原因でした。
 今度は場所がわかったので、日をあらためて再訪して来ました。
 本堂に上がって左手には回廊が続きます。
     
 h170816013.JPG
   
 回廊から本堂を見ます。
   
 h170816014.JPG
   
 そして、裏山から見えた楼閣です。 
   
 h170816015.JPG
    
 これで十分、長年来たかった希望が叶い素晴らしい楼閣も見ることが
できました。
 本堂をぐるっと回るとまたまた素敵な庭園・・
   
 h170816016.JPG
  
  三尊五祖の石庭だそうです。
   
 h170816018.JPG
    
 京都のお寺の庭を巡っているようでした。
 今回の訪問で鎌倉のお寺で行ってみたいのは”覚園寺”だけに
なったでしょうか? 
 秋になったら出かけてみたいと思っています("^ω^)・・・
   
 h170816019.jpg
 

nice!(36)  コメント(34) 

夏の風景 (入道雲)

 夏と言うと思い出す景色に”入道雲”がありましたね。

 h170814001.JPG

 車で自宅方面に国道16号を走っているとフロント越しに

白く大きな入道雲(積乱雲)が見えています。

 そんな雲を撮りたくなって”潮風公園”の浜辺に行って来ました。

 h170814002.JPG

 目の前に猿島が見えて右手に入道雲が大きく広がっています。

 右にカメラを向けると浦賀水道方面です。

 h170814003.JPG

 対岸の千葉県がはっきり。

 h170814004.JPG

 入道雲の帯はまだまだ続きます。

 h170814005.JPG

 もうきりがありません・・・

 見通しがいいので、もう一度同じ方向から遠くを見てみます。

 h170814007.JPG

 およそ20km離れた横浜ランドマークタワーです。

 h170814006.JPG

 約15km離れた南本牧ふ頭のガントリークレーンの群れです。

 真夏の青い空に白い入道雲、こどもの頃宿題の絵日記に描いた

ものです。


nice!(34)  コメント(26) 

夏の風景 (ひまわり)

 お友達のコメントで秦野市の公園のヒマワリを見に行く予定で

したが台風の強風とこの暑さで相当なダメージを受けてしまい、

もう終わりのようです。 残念ながら諦めました。

 でもヒマワリはいつも通る道にも咲いています[わーい(嬉しい顔)]

遠くまで行かなくても”大きなヒマワリ”を見ることできそうです[exclamation×2]

 このヒマワリを撮りに行きたいと言うのでお供で出かけました。

 h170812001.JPG

 背が低いのではなく一段下から伸びています。 

高さは1.5mはあまり。 見上げるほどの大きさなんです。

 h170812002.JPG

 花の大きさは家内の顔と比べても大きいと思います。

 h170812003.JPG

 家内はいつもデカイ面をしていますが、ヒマワリも負けてません・・

 h170812004.JPG

 お花の中心、種になる部分・・どんな形だかご存知ですか?

碁盤の目、それとも放射状? 実は中心から渦巻き状になっています。

 h170812006.JPG

 今度、機会があったらゆっくり眺めてみてください!!

 h170812007.JPG

 最後の1枚には偶然にもハチが写りこんでいました。

 えっ[exclamation&question] ハチ[exclamation×2]

 先日、何者かに刺されたので恐怖です。 痒みの後遺症に悩まされて

います。

nice!(33)  コメント(24) 

三浦半島には波浪警報・・

 8月8日、台風5号はまだ佐渡の辺りをウロウロしています。

三浦半島からはかなり離れて行きましたが、波浪警報が出ています。

 危険のない所で波の写真でも・・と立石海岸に行って来ました。

 h170809001.JPG

大勢の方がいる駐車場から相模湾を眺めます・・・

 h170809002.JPG

 立石にはやはり大きな波が打ち寄せています。

 h170809003.JPG

 こんなに大きな波が押し寄せる向こうの岩場に人影が見えます。

 h170809004.JPG

 グッと寄って見ますと・・子供でしょうか?

 h170809005.JPG

 さすがに今日の波は危険だと思いますが、声は届きません。

 振り返って浜辺の方でも・・

 h170809006.JPG

 大きな波と遊んでいます。

 h170809007.JPG

 見れば小さな女の子も見えます・・

 h170809008.JPG

 いくら大人が一緒とは言え、危険ですね[がく~(落胆した顔)]

 h170809009.JPG

 そう思っていましたが、すぐに大波が押し寄せてきました[exclamation×2]

 波浪警報はとても危険だと言う、気象警報です。 それなのに・・

今の若い人はこの警報下の波をも楽しんでしまいます。

 そうは思いつつ、この波を撮りに来た爺さん。

人のことは言えないかも知れません[ふらふら]

 3mも高い駐車場にいても波しぶきがかかって来るので退散です。

そして、もう1か所・・天神島に回ってみました。

 h170809010.JPG

 天神島は笠島まで岩場になっていますので大波はないそうです。

左端に富士山の稜線がうっすらと見えています。

 ここで左腕を小さな虫に刺されて・・何の虫か姿見えずでした。

家に帰っても痛いので医者に行って来ました・・左腕痛いよ~[もうやだ~(悲しい顔)]

 


nice!(38)  コメント(32) 

やっぱり夏は花火です!

 8月5日は横須賀開国祭の花火大会でした[exclamation]

 h170807001.JPG

毎年、この時期に花火アップしていましたので今年はどうしよう・・

と考えていましたが家内の勧めもあって2階のベランダで撮りました。

 開催場所に近いから出かけてもいいのですが、午前中から大勢の人で

賑わっているようなので横着して家から見ていました。

 h170807002.JPG

 でも家からは目の前にご覧の山が邪魔して、これを超えてくる花火

しか撮れません[もうやだ~(悲しい顔)] 高さは100mくらいかな[exclamation&question]

 ですから、だんだんと打ち上げてくる花火の下のほうは夜空が光る

だけです。

 そんな状況の花火ですが御覧ください!! 

 h170807003.JPG

 山の稜線が見えています。

 h170807004.JPG

 BULB状態でレンズに蓋して2~3重ね撮りしました。

 h170807005.JPG

           h170807006.JPG

 h170807007.JPG

 今年は変わり種の花火はなく地味な印象に見えました。

 ここまでの花火は山越えしていません・・

 h170807008.JPG

 ポップな1枚になりました。

 さあ、ここからは山越え花火です[exclamation×2]

 h170807010.JPG

 破裂音もひときわ大きく、ずしんと響きます。

 h170807011.JPG

 日の丸のような1枚です。

 h170807012.JPG

 2個の花火を重ねています。

 h170807013.JPG

 フィナーレでしょう・・超大型の花火で幕を閉じました。

7時15分から約30分の打ち上げショーでした("^ω^)・・・[ハートたち(複数ハート)]

  

 

 

 


nice!(30)  コメント(30) 

オクラの花見つけた!

 たびたび出かける横須賀ショウブ園ですが、その呼称は地元では

”阿部倉のショウブ園”と言う方が多いのです。

 この”阿部倉”は昔ながらの地名で”阿部倉温泉”が有名スポットです。

 h170805001.JPG

掲載の地図上方が自宅、そこからバイクで約20分の所にショウブ園

があります。

 そして今回は阿部倉温泉をいつものバイクで訪ねて来ました[exclamation]

 h170805002.JPG

 急な坂道の入り口にこんな立派な建物が、はじめこれが温泉宿かと

思いましたが違いました。

        h170805003.JPG

 さらに坂を登って行くと道祖神と行き先指示板。

 h170805004.JPG

 こんなうす暗い道を走ります。

          h170805005.JPG

 明るい所に出たなと思ったら眼下に横浜・横須賀道路です。

 さらに上ると見えて来ました。 ”湯の沢旅館”です。

 h170805006.JPG

 道の途中・途中に”休業中”の案内がありましたが、その通り

入り口は閉まって人の気配はありません。

 あとで調べるとなんでも廃業したようです・・[もうやだ~(悲しい顔)]

平安時代からにぎわった温泉のようですがとっても残念です。

 さらに上を目指して行きます[exclamation&question]

 h170805007.JPG

 横須賀市の水道施設や

        h170805008.JPG

 電波塔などが立ち並びます。

 h170805009.JPG

 そんな一角に農作業をしている人たちに出会いました。

市民農園で野菜を作っている諸先輩です("^ω^)・・・

 ここで初めてオクラの花を見つけたので、撮らさせてもらいました。

 これがオクラの花。

 h170805010.JPG

 とても野菜の花とは思えませんでした[exclamation×2]

 h170805011.JPG

 小さいながらもヒマワリも私をこっちだよと呼んでいました[exclamation]

お礼を言って退散です。

 h170805012.JPG

          h170805014.JPG

 ここで帰宅のため大楠山方面に行って、山を降ります。

 ひと休みでエンジンを切ってお茶をグビグビ。

 h170805013.JPG

 セミの抜け殻やたぶんキツネノカミソリだと思われる鮮やかな花も

目に入って来ました。

 数分後、小学生らしき児童と親御さんたちが降りて来ました。

 h170805015.JPG

 もちろん、得意げにお花の説明やセミの話をする爺さんでした[ふらふら]


 *

  台風5号が奄美諸島に接近、とても強く速度も遅いので影響が

  心配です。 無事通過してくれることを祈るばかりです。

nice!(35)  コメント(30) 

震生湖!

  小田原城を見に行こう[exclamation] 元気に家を出ましたが[車(セダン)]

二宮町あたりまで来るとピタッと渋滞にはまって動きません。

仕方なしに県道709へ右折して中井中央公園を目指しました。

 h170802001.JPG

 この公園は大変広く、子供のアスレチックス広場や老人のゲート

ボール広場など写真の4倍以上の広さでしょうか?

 ジュエルを歩かせようかと車から降りましたが、あまりに暑いので

20分くらいで退散しました。

 さてと思い、カーナビを見ると”震生湖”という池か湖がここから

10分くらいの場所にあります。 早速、目的地に設定・・GO!

 h170802002.JPG

 震生湖駐車場です。 ここは秦野市です。

 同じ方向の実写真です。

 h170802003.JPG

 あいにく曇空ですが足元にはケイトウの花畑が広がっていました。

 ここから、震生湖入り口までは徒歩30分以上あるので、さらに奥に

向かいました。

 h170802004.JPG

         h170802005.JPG

 ラッキーなことに入り口傍にも駐車場がありました。

 湖というよりは”大きな池”です("^ω^)・・・

 成り立ちは関東大震災で出来た堰止湖のようです。

小さな湖で木陰が多いのでグルッと回ってみることにしました。

 h170802009.JPG

 歩く小道は山道です。

 h170802008.JPG

 そして、池のポイント、ポイントでは釣り人が糸を垂らして

います。

       h170802006.JPG

 h170802010.JPG

        h170802011.JPG

 狙うは・・大きなブラックバスだそうです。

 歩いても山道と釣り人ばかりですが、途中こんな神社も。

 h170802012.JPG

        h170802013.JPG

 残念ながら無人の神社さんでした・・・

 まもなく、元の駐車場。 約30分のハイキングでした。

 h170802014.JPG

 今回もこの湖の成り立ちは掲示板で詳しくご覧ください[exclamation]

 h170802016.JPG

 そんなわけで、小田原城行きが新しい発見に繋がりました。

 *********************************************

   今日のお花は・・・

           震生湖入り口の農家のナデシコです。

 h170802017.JPG

        h170802018.JPG


2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ