So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

コスモス探して・・

 今年は少雨と台風の風などの影響でしょうか、コスモスの生育が

良くありません。

 ”コスモスまつり”が始まった久里浜花の国では例年なら入り口から

ピンクの絨毯が広がるのですが、今年はこんな

状況です。

 h170930002.JPG

       h170930001.JPG

 ジニアに隠れたコスモスを見つけ出してはシャッターを押します。

 h170930003.JPG

         h170930004.JPG

 生育が悪い原因のひとつに、やたらに雑草が多く目立ちます。

雑草を抜いたら土があらわになって、もっと寂しい姿になってしまい

ます。 そんな今年のコスモスです。

 h170930008.JPG

 写真に収めるようなお花がなかなか選べません・・・

 h170930007.JPG

 正直、撮らずに帰ろうかとも思いました[たらーっ(汗)]

 h170930009.JPG

 ジニアに囲まれています。

 h170930010.JPG

 コスモスの細い葉のバックは雑草です。

これで今年のコスモスは撮り納めです・・来年はわっと驚くような

絨毯になって欲しいものです。

    h170930005.JPG

 最後の1枚はジニアに囲まれたご夫婦です、照れながらもモデルに

なっている旦那さんが可愛かったです[わーい(嬉しい顔)]

   今日はこれから孫の運動会に行って来ます[exclamation×2]

 


 


nice!(36)  コメント(34) 

レモンブライト

 今年も久里浜花の国では”コスモスまつり”が始まりました。

   h170927001.JPG

 10日前に出かけたときには、まだ一分咲きだったのですが・・[もうやだ~(悲しい顔)]

 その後は良くなっているだろか。 

少し期待して昨日(26日)に再度出かけて来ました。

 入り口に入っても、ああっ[exclamation&question]ほとんど前とおんなじ・・・なので

先にパンフで見つけた四季の花壇へ行って見ることにしました。

 日差しも強く気温も高いのでいつも歩くコースをフラワートレインに

乗って登りました。

 h170927002.JPG

 トレインの車窓から

         h170927003.JPG

 いつもならピンクの絨毯なのですがグリーンのままです。

乗車して20分、終点の四季の花壇です。

 何回も出かけている花の国ですが、ここまで来たのは初めてです。

でも期待外れで小さな花壇に・・

 h170927004.JPG

         h170927005.JPG

 h170927006.JPG ブライトライト

 キバナコスモスが咲き誇ってパンパスグラスやススキが風になびいて

いました。

 ここでは撮る物も少なく長い時間はいりません、すぐに戻ります[もうやだ~(悲しい顔)]

次のトレインは30分後なので持ってきたお弁当を食べて待ちます。

    h170927007.JPG

 戻りはトレインではなくバスが来ました!

 ガイドさんが園内の見どころをアナウンスしてくれます。

 (初めて聞きます)

 h170927008.JPG

 お天気が良かったので東京湾から房総半島が綺麗に見えました。

手前には東京湾フェリーの”かなや丸”が出港を待っています。

 復路途中、”コスモス・ポピー園頂上”で下車して歩いて入り口まで

写真を撮りながら歩きました。

 h170927009.JPG

 うわ~!! 黄色のコスモスがいっぱい[わーい(嬉しい顔)]

 h170927010.JPG

 ピンクや白のコスモスは期待外れでしたが、これは嬉しい出会い[exclamation]

 h170927011.JPG

 これはキバナコスモスでレモンライトと呼ばれています。

     (前掲のオレンジ色の花はブライトライト

 h170927012.JPG

 セセリも最後の夏日を浴びてせっせと働いています。

 ここまで歩いて私たちもいい汗をかきました[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

     h170927013.JPG

 相棒はコスモス・ソフトを口にしてご満足でした("^ω^)・・・

 

nice!(41)  コメント(42) 

SL復活、意外な裏事情

 従兄弟から御殿場線山北駅に隣接する公園でSL D52の試験運転が

あるので見に行かないかと誘われました。

 少し鉄ちゃんの私・・2つ返事でOKして出かけて来ました。

 9月20日、午前7時30分横浜金沢区を出発しました[車(RV)]

 山北駅まではゆっくり走って2時間半、10時半のデモには十分に

間に合うはずでしたが、駅前で道を間違えギリギリに到着でした。

 h170925001.JPG

 公園の周りの駐車場はいっぱいでしたが何とか止めて入園。

事前にどんな試験運転か聞いていましたが・・線路など見えません・・

     h170925002.JPG

 お目当てのD52は静態保存の屋根の下です。

   h170925003.JPG

 よ~く見れば少しずつ前進してきます[exclamation]

 もう、試験運転は始まっていたのです、勢いよく汽笛も。

   h170925004.JPG

 そして、元の位置へ戻りました、特等席で見ていた園児も

拍手喝采です[るんるん]

 また、前進するようです("^ω^)・・・

     h170925005.JPG

  h170925006.JPG

 ほんの少し煙も吐いています。

 h170925007.JPG

 煙もすぐに消えてしまった[もうやだ~(悲しい顔)]

 h170925008.JPG

 この試験運転、静態保存場所を前後に動くだけの試運転なんです。

移動距離はわずか20mほどでした。

 しかし、この試験運転を見ていて不思議に思いました。

先ほども書きましたが、煙が少ない・機関音も聞こえない[exclamation&question]

 まわりを見て回りました。

     h170925009.JPG

     h170925010.JPG

     h170925011.JPG

 これと言って問題ありませんが。

 h170925012.JPG

 あれ[exclamation×2] 石炭車に石炭が積まれていない、機関車の釜も火が付いて

いません。

 では。 この青い箱は何でしょうか[exclamation&question]

 これはエアーコンプレッサーなんです・・SL復活と言っても完全

復活ではないようです。

 さすがに50年も放置されていたため、釜やボイラーまでの復活は

厳しい状況だそうです。

 ですから、コンプレッサーで圧縮空気をシリンダーに送り込み、

その力で動かしているようです。

 それで、吐く煙もほんの少し。 しかも煙ではなかったわけです。

 各地でSL復活のニュースを聞きますが大半がこの方式のようです。

 走る距離の短さは分かっていましたが、まさかコンプレッサーの

空気で動くとは思いも寄りませんでした[わーい(嬉しい顔)]

 「D52の来歴」

 h170925013.JPG

 最後に雄姿をどうぞ[exclamation×2]

 h170925014.JPG

 久々の従兄弟とのドライブ、楽しい1日でした。


nice!(39)  コメント(32) 

西方寺の彼岸

 毎年、お彼岸のころに咲く彼岸花はブログに欠かせない花です。

前回、横須賀ショウブ園からアップしましたが、今回は横浜市の

港北区新羽にある西方寺に咲く彼岸花です。

 お友達のブログを拝見していましたら、とっても綺麗な景色。

勝手にNAVIをセットして出かけて来ました[車(セダン)]

 h170923001.JPG

 西方寺、全国に同名のお寺はたくさんあるようですが、

ここ新羽(にっぱ)のお寺は500年の歴史を誇るようです。

 さっそく、山門側からお邪魔しました。

 h170923002.JPG

 平日にもかかわらず大勢の人が訪れています。

 h170923003.JPG

  ここの花はキチンと整理されていました。 相棒でありません・・

 h170923004.JPG

 右側に回ってみます・・

 h170923005.JPG

 黄色と白色が主役に・・

 h170923006.JPG

 枚数が多くなってしまいましたが・・あまりに見事なので。

 h170923007.JPG

 銀杏もたわわに実って重く垂れています。

     h170923008.JPG

 山門脇で小休止です、汗がどっと流れていました。

せっかく遠くから来たのでさっと境内を巡ってきました[わーい(嬉しい顔)]

 h170923009.JPG

 本堂を右手から。

 h170923010.JPG

 背の後ろには鐘楼が見えるんです。 ここの花は黄色が主役。

 こんな具合で今年も綺麗な彼岸花を見ることが出来ました[exclamation×2]

 h170923011.JPG

         h170923012.JPG

 h170923013.JPG

         h170923014.JPG

 ai-maronさん、素敵な情報ありがとうございました[exclamation]


 



nice!(36)  コメント(34) 

横須賀ショウブ園の彼岸花

 毎年、お彼岸になるころ判で押したようにきちんと咲くのが

彼岸花です。

 ”花は葉を見ず、葉は花を見ず”と言って花が咲く時期には葉っぱは

見えません。

 今回は2回にわたってその彼岸花をアップします[exclamation]

 まずは横須賀ショウブ園です。

 h170920001.JPG

 春からシャクナゲ、フジそしてショウブとにぎわいましたが、

この時期はとくに見るものはありません。

 h170920002.JPG

 あぜ道のような場所に彼岸花が咲いています。

 h170920003.JPG

         h170920004.JPG

 ここの花は白色が圧倒的に多いようです。

 ほかの色は少数派になっていました、定番の赤も固まっています。

 h170920005.JPG

 職員の方に話を伺うと、草刈りのときにアルバイトの人が彼岸花の

花芽も刈りこんでしまうそうです[ふらふら]

 h170920006.JPG

 白の中にもよ~く見れば淡いピンク系もあるんですよ[exclamation×2]

 h170920007.JPG

 この3色がメインですが・・

 h170920008.JPG

 黄色い仲間も少数派ですが咲いています。

 h170920009.JPG

 アカマンマ(イヌタデ)の向こうに咲いていますが、草刈りの難を

免れた花でしょう、まばらにしかありません・・[もうやだ~(悲しい顔)]

 h170920010.JPG

 どこからともなく、黒いアゲハが寄って来ました[exclamation×2]

 h170920011.JPG

 うまく、撮れないもんですね[exclamation&question]

 h170920012.JPG

 夢中になってシャッターを押して、ハギの花が揺れているのにも

気づきませんでした。

 *今日はこれから従兄弟と御殿場線山北駅までSLを撮りに行って

  来ます。 皆さんへの訪問は夜になってしまいます[わーい(嬉しい顔)]

 


 

nice!(40)  コメント(40) 

葉山で稲刈り始まる!

 毎年、アップしている葉山の棚田の稲刈りが始まりました[exclamation]

稲刈りに先駆けて組み立てられるのがこの丸太の櫓です。

 h170918001.JPG

 この櫓の名前を調べてみると”稲木(いなぎ)”と言うそうです。

 h170918002.JPG

 でも地方によっては稲掛け(いねかけ)、稲機(いなばた)、

稲袈(はさ、はせ、はざ・・)などの異称もあるようです。

     h170918003.JPG

 肝心のイネの育ち具合は黄色く、重く頭を下げています。

 h170918004.JPG

まさに黄金の輝きですね("^ω^)・・・

 h170918005.JPG

 最下段のではすでに刈り取られて櫓に天日干しされています。

 h170918006.JPG

 写真では見えませんが、防鳥ネットで覆われています。

 こんな棚田の畦にも・・・

 h170918007.JPG

         h170918008.JPG

 ヒガンバナが咲き始めています。

 台風前に稲刈りも終わって農家の方もホッと一息でしょうね。

 ここから湘南国際村方面に上ると・・先日見かけたフェアレディ。

 h170918009.JPG

 アップしたら色々反響をいただきました[わーい(嬉しい顔)]

 今日はご自由に撮ってと路上駐車していました。

   (棚田はこの道の下です、いつもの山が見えています。)

      h170918010.JPG

 テールのネームもパッチリ[カメラ]

 h170918011.JPG

 フェアレディ好きなみなさん・・これでいいですか[exclamation&question]

 台風18号は九州から四国、関西を通過してあちこちに大きな被害を

出してしまいました。 

 被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。



nice!(42)  コメント(42) 

散歩コースで見かけた花たち

 今週は早朝6時過ぎの散歩も涼しくて歩きやすくなりました。

気温の低下とともにジュエルの足取りも軽くなって歩く距離も

長くなりました。

 そんな平和な散歩の最中、北朝鮮のミサイル発射のニュースが

イヤホンに聞こえて来ました。

 物騒な話題は後にして、散歩で見かけ撮りためた花です[exclamation]

 家を出ると坂道には・・

 h170916001.JPG

 遠くから見ると真っ白な大きなかたまりです・・

 h170916002.JPG

 木々にセンニンソウとクズのツルが絡んで大変。

   h170916003.JPG

 足元には白く可憐な花。 なんとノビルだそうな。

     (ノビルと思いましたがセンニンさんのご指摘でニラの間違いでした。)

 駅前付近を通過して国道16号線沿いを歩きます[るんるん][るんるん][るんるん]

 h170916005.JPG

 横断歩道を渡ると芙蓉が待ってます.

     h170916011.JPG

 芙蓉の足元には真っ赤なヒガンバナが咲き始めています。

 h170916004.JPG

 国道との生け垣の下にはヤブランが列をなしてベルニー公園まで

続きます[exclamation×2]

 そして観音崎の海沿いには・・

 h170916006.JPG

 ハマカンゾウが潮風に揺れています。

 h170916007.JPG

 鶴瓶ではありません・・ツルボです[exclamation&question]

 h170916008.JPG

 お花と赤い実が同時に見られました・・〉クコです。

 ふたたび、ベルニー公園ですが、

 h170916009.JPG

        h170916010.JPG

 小粒のバラですが、こんなのが咲き始めています。

      もうすぐ・・秋のバラ・フェスタが始まります[exclamation×2]

 *

  散歩の途中でラジオから緊急警報。

  外にいる人はその場に伏せて頭を隠してください!

  このアナウンスが繰り返されました、でも周りをみてもそんなことをして

 いる人はだれ一人いません。

  このアナウンスは多分日本中に流されていたと思いますが一体何人の人が従って

 いたのでしょうか?

  仮に日本中の人がこの態勢をとったら、さぞかし滑稽な光景になったでしょう。

  たった1発のミサイルです

  もう少しポイントを絞った避難放送は出来ないものでしょうかね[もうやだ~(悲しい顔)]

 こんな状況を繰り返していると、緊急警報もいつしか”オオカミ少年”になって

 しまうのではないかと心配しています。




 

nice!(34)  コメント(30) 

観音崎パークセンター

 観音崎博物館から観音崎海水浴場までの道の途中・・・

 h170913001.JPG

 カラフルなジニアがたくさん咲いています。 いつもは横目で

見ながら通過していましたが、ちょっと立ち寄って来ました。

 入り口正面奥にレンガ作りの建物が見えています。

 h170913002.JPG

 平成28年にオープンした”観音崎パークセンター”です。

 h170913004.JPG

         h170913003.JPG

 この建物はクイズにもあるように明治に造られた火薬庫です。

 あの富岡製糸場と同じで大変貴重な明治の遺産だそうです。

 h170913005.JPG

 下のアーチは湿気を防ぐための工夫のようです。

 さて、目的はジニアです。 正門の右手にたくさん並んでいます。

 h170913006.JPG

 トンネル脇のセンターなのでやや日陰のせいか、葉っぱも青々して

綺麗です。

 h170913007.JPG

 セセリも射しこむ日差しを浴びながら食事です。

 h170913008.JPG

         h170913009.JPG

 足元にはコリウス。

 しばらくシャッターを押していると動物の気配です。

 h170913010.JPG

 こんなところでシマウマさんに出会えるなんて・・・[わーい(嬉しい顔)]

 h170913011.JPG

 キリンさんも休んでいました。

 h170913012.JPG

 恐竜さんの骨はいただけませんね[がく~(落胆した顔)]

 h170913013.JPG

 ヒツジさんは夢中になって草をはんでいました。

 思わぬ場所の発見でした。

 スピードを出して走ると見落とすかも知れません、お近くを通った

徐行のうえ立ち寄ってみてはいかがでしょうか[exclamation&question]

nice!(42)  コメント(36) 

久しぶりです、青空さん・・

 先週末になってようやくお天道様と青い空が見えました[わーい(嬉しい顔)]

ただただ、秋の陽気と青空に誘われて城ケ島公園を歩いて来ました。

 h170911001.JPG

 ずっと曇りがちな空だったので”青い”と言うだけで嬉しい散歩。

 h170911002.JPG

 どうですか? 緑の草を踏みしめて空の向こうを目指している

ようですね。

 私とジュエルは、ひたすら後を追っかけて歩きます。

 こんもり右手には・・・

 h170911003.JPG

 酔芙蓉が凛と天に向かって咲いています。

 h170911004.JPG

 酔芙蓉は白からだんだんとピンク、赤に変化します。

 白と薄いピンク・・10時10分です?!

 h170911005.JPG

 隣で咲いたトランペットも一杯やったのでしょうか・・

うっすらとお顔がピンクに。 エッ[exclamation] これはもともとでしたか[exclamation&question]

 途中のベンチで水分補給・・ ジュエルも一緒なの。

        h170911006.JPG

 ベンチの先には相模湾が見えます。

 h170911007.JPG

 眼下には・・

 h170911008.JPG

 漁師さんの働く光景が広がります。

       h170911009.JPG

 ここから車で灯台方面に移動します。

 h170911010.JPG

 あれ、どこかで見かけた人だ。

 h170911011.JPG

 岩場の写真を夢中になって撮っています。

 h170911012.JPG

 相模湾は本当に青く綺麗でした。

 今回はいつも出かけている城が島でしたが、久々の”青”に

嬉しくてアップしました[exclamation×2]


nice!(41)  コメント(35) 

七沢森林公園

 津久井湖畔にある物産センターがリニューアルオープンと聞いたので

さっそく出かけました。 (8月31日)

 国道129号線から宮ケ瀬湖方面を経由して津久井湖に向かいました。

 七沢温泉郷に入ると”県立七沢森林公園”と案内板が目に入ったので

ちょっと寄り道をしてみました。

 山に向かう緩い坂道を登って走ること数分・・・

   

     h170909001.JPG 

 大きなアーチ橋が見えて来ます。

 h170909002.JPG

 この橋は”森のかけはし”と言い、”七沢森林公園”シンボル的な存在で

長さ75.5m、そして高さは18mと立派な橋です[exclamation]

 橋を通過するともう入り口・・

 h170909003.JPG

 金太郎がクマにまたがってる像ではありません・・・

”母子像”となっていますが、よくわからないモニュメントです[ふらふら]

 ”七沢森林公園”はかつては里山として近隣住民に親しまれて

いましたが1990年に都市公園として整備されました。

 その広さは県立公園では2番目の広さで64.6haもあります。

 h170909004.JPG

 ここが変なモニュメントの前で管理事務所に続く玄関口のようです。

 正面の門をくぐると日本式の庭園が広がっていました。

 h170909005.JPG

 ”寸草亭”という東屋で歩いていると一句ひねりたくなります。

 h170909006.JPG

 苔むした手入れされた庭園は静寂に尽きます。

 h170909008.JPG

         h170909007.JPG

 東屋の周りには”せせらぎ”も流れ、鹿威しが澄んだ音を響かせて

いました。

 そんな景色のなか・・久しぶりにカエル君にも出会いました。

 あまりにも広いので歩いたのはほんの少し・・

 h170909009.JPG

 ”森のかけはし”を渡って元の入り口へ戻りました。

 ここから津久井湖までノンストップで走ろうと出発です・・・

 途中に県内最大規模の水がめ”宮ケ瀬湖”があります。

 h170909010.JPG

 今回はここはパスしようと思いましたが・・・

 いつもと景色が違うので車を止めました。

 h170909011.JPG

 そうなんです・・あまりにも水位が低いのです。

丹沢湖、相模湖、津久井湖の貯水率は86%なのに宮ケ瀬湖は65%。

 h170909012.JPG

 このままでは渇水のピンチだそうですが、他の3湖がなんとか

カバーしてくれそうです[exclamation×2]

 こんな宮ケ瀬湖は初めて見ました、驚きました[がく~(落胆した顔)]

 

 

nice!(38)  コメント(30)